TXダイヤ改正、八潮初電5時03分に!

3月14日(土)、つくばエクスプレスのダイヤが改正されます。初電が早くなるほか、列車の増発等が行われます。


liveyashio80.JPG


八潮駅では、秋葉原行きの初電の時間が早まります。現在の5時20分発から5時03分発になり、秋葉原到着は5時23分になる予定です。もちろん、八潮始発の電車ですので着席も可能です。
また、秋葉原駅の初電も早まります。現在の5時30分発から5時08分発になり、八潮到着は5時28分頃になる予定です。

その他、秋葉原始発(23時39分)守谷行き電車等、数本が増発されます。八潮駅にとって残念な点は、八潮始発(9時16分)秋葉原行き電車が、守谷始発になるところです。本数が減るわけではありませんが、着席のチャンスは減りました。


今回のダイヤ改正により、八潮駅から大阪方面への最速新幹線(6時00分の品川始発)に乗り継ぎできるようになりそうです。この新幹線に乗ると、名古屋駅には7時29分、新大阪駅には8時19分に着きます。利便性が向上し、選択の幅が広がってきましたね。
ちなみに、隣の三郷中央駅や東武線草加駅では、今のところ東京始発(6時00分)の新幹線にも乗り継ぎできません。始発電車が運行できる八潮駅の強みが感じられます。


発信日:2015年1月25日





つくばエクスプレス新運賃

2014年4月から、消費税率の引き上げに伴い、鉄道運賃が値上げされることになりました。つくばエクスプレスも例外ではなく、初乗り運賃は160円から170円に変わります。注目したいのは、パスモなどのICカード乗車券を使用した場合と、切符を買う場合で価格が異なるという点です。下記に、八潮駅から主要駅までの新運賃をまとめてみました。



八潮駅から主要駅までの新運賃(2014年4月から新運賃へ移行予定)
目的地 現行運賃  新運賃(IC使用)  新運賃(切符等使用) 
秋葉原450円463円470円
新御徒町400円411円420円
浅草360円370円370円
南千住320円329円330円
北千住280円288円290円
南流山240円247円250円
流山おおたかの森320円329円330円
柏の葉キャンパス400円411円420円
守谷550円565円570円
つくば900円926円930円

この運賃は、公式リリースを元に作成したものです。



北千住は10円、秋葉原は20円の値上げです。ただでさえ高めの運賃に、この値上げはキツイですね。八潮の場合、浅草駅を除いてICカード乗車券を利用した方が安く設定されています。あまり鉄道に乗らない人も、これを機会にICカード乗車券を購入することをオススメします。ICカード乗車券は、切符券売機などで購入することができます。

格安乗車券自動販売機(回数券のばら売り)も、販売価格が変更されることでしょう。もしかしたら撤退もありえるかもしれません。今後の動向に注視していきたいと思います。

格安乗車券自販機について→つくばエクスプレスを、お得に乗る


発信日:2013年12月20日



つくばエクスプレス開業記念パスネット

先日、部屋を整理していたら「つくばエクスプレス開業記念パスネット」を発見しました。なつかしいですねぇ。2005年8月開業なので、もう8年以上経ちました。今でも私の中では開業間もない新路線というイメージです。八潮中心市街のバス停を見ても、草加駅方面の乗客の方があきらかに多く見えます。一方、八潮駅周辺では、すっかり地域に根付いている感じがしますね。街の姿も、ゆっくりと確実に変わっていきました。東京オリンピックが開催される頃には、いったいどうなっているのか、楽しみであると同時にちょっと寂しくもなりました。


liveyashio84.JPG


ところで、パスネットをご存じでない方はいませんよね(汗)IC乗車券「パスモ」が出る前のプリペイド乗車券です。つくばエクスプレス開業時、JRではIC乗車券「スイカ」がありましたが、民鉄ではIC乗車券を導入していませんでした。時代の流れを感じますね。パスネット時代は、各会社独自のデザインで販売しており、このような記念デザインも可能でした。

写真を撮っていませんが、開業記念1日乗車券も発掘しました。その販売価格は、なんと500円。とにかく乗ってみてほしいという願いが伝わってきます。私はこれを利用して、はじめて「つくば」に行きました。つくば市内の移動がタクシーだったので、結構高くついてしまったのはいい思い出。タクシー運転手の方言が聞き取れなかったのも覚えています。
今では1日乗車券は、期間限定2,300円で売られています。レンタサイクルが整っているので、休日に「つくば」散策などいかがでしょうか。


発信日:2013年11月25日



つくばエクスプレスを、お得に乗る

つくばエクスプレスの運賃は高いですよねぇ。八潮から秋葉原まで450円、北千住まで280円です。遠距離はそれなりに安い路線ですが、近距離には容赦ありません。この値段が気に食わなくて、東武線や千代田線を使っている人もいるでしょう。そんな人に朗報。格安乗車券自販機が、ついに八潮に上陸しました!


liveyashio58.JPG
<千葉銀行の横にあります。奥に見えるは八潮駅。>


まぁ、夏あたりからポツンと置いてあったのですが、知らない人が多いようなのでご紹介します。場所は、八潮駅北口通り沿い、千葉銀行の北隣です。気になる値段は、秋葉原まで土日料金390円と正規運賃より60円安くなります。往復120円浮いて、ジュース1本買えますね。


liveyashio59.JPG
<普通の回数券のほか、時差券と土休日券がある。>


この商売は、回数券をバラ売りするだけというシンプルなもの。運賃が高いけど沿線人口も多い、つくばエクスプレスならではの産物です。数年前から、茨城県で生息が確認されていましたが、ついに八潮にも来たのですね。東京側にはまだないようなので、往復利用の人は八潮で2枚買うといいでしょう。



八潮の格安乗車券自販機(2013年10月現在)
目的地正規運賃普通券時差券土休日券
秋葉原まで450円430円410円390円
北千住まで280円270円260円240円

時差券:平日10時〜16時の間に改札へ入る必要があります。



管理人が10月初旬に秋葉原土日券を買ってみたところ、12月中旬まで有効の回数券が出てきました。回数券の有効期間は発券から3ヵ月なので、鮮度はいいようです。たまーに電車に乗る人は、ぜひ試してみては?


※2014年4月の消費税率引き上げに伴い、販売価格が変更されることが予想されます。
2014年4月からの運賃は、こちらをご覧ください→つくばエクスプレス新運賃


※2014年2月3日追記:八潮駅から羽田空港へ向かうバスの乗車券も販売されていました。販売価格は1,040円(通常価格1,100円)です。
※2015年7月1日追記:フレスポ内にも自販機が設置されました。なお、消費税増税に伴い、販売価格が変わっています。


発信日:2013年10月28日




八潮コラム一覧
■環境■
八潮の買い物スポット
八潮の緑地や公園
八潮と川の今
■街並み■
近代的な八潮の様子
八潮の既存住宅街
鉄塔天国八潮
■交通■
つくばエクスプレスで快適通勤
八潮駅発着のバス路線
八潮の道路事情
■歴史■
工業都市八潮
昔の航空写真を見てみよう
地名から見る過去と未来
■特集■
新市長決定!八潮はこう変わる

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。