2015年、八潮にできるもの

2015年、八潮にできるものを、大まかにまとめてみました。日付や名称等は変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。


liveyashio178.JPG


●1月、ぱぱす八潮大瀬店が開店します。
ぱぱすは、都内を中心に展開しているドラッグストアで、埼玉県初の出店になります。現場を見る限りでは、ロードサイド型の一般的なドラッグストアです。テナントとして、キッチンオリジンと、ひまわり中央接骨院が入居します。


●2月、駅周辺の住所が変わります。
八潮駅周辺の南部中央地区では、UR都市機構によって土地区画整理事業が行われています。1月末の事業完了に伴い、大瀬(おおぜ)一丁目〜六丁目、茜町(あかねちょう)一丁目が誕生する予定です。
八潮駅北口は大瀬一丁目。南口は大瀬六丁目です。事業完了後は、ほとんどの土地が自由に使えるようになるので、住宅等の建築が増えそうです。


liveyashio179.JPG


●4月、やしお駅前公園が開園します。
八潮駅南口で整備中の駅前公園が、いよいよ開園します。公園のコンセプトは、オープンガーデン。イベントが出来る広場や、市の花となった「花桃」のお花見が楽しめます。


●10月、八潮中央総合病院が完成します。
八潮中央総合病院は、八潮駅東方面の南部東地区に移転する工事を行っています。新病院は、5階建て250床で、10月頃に完成予定。ベッド1床あたりの面積が広がり、また手術室の拡充等、中核病院としての機能が強化されます。


liveyashio180.JPG


その他、注目しておきたいところが、大瀬小学校の南側に位置する計画住宅地です。土地区画整理事業の完了前後に、何らかの動きが出てきそうです。
この計画住宅地の敷地面積は17,300u。フレスポ八潮の敷地面積が20,958uなので、広大な土地が眠っていたことが分かります。住宅用地なのでマンション等が考えられますが、住民が爆発的に増えることや周辺の買い物環境、立地条件を考慮すると、スーパーマーケット等が併設される計画もあり得そうです。

プランによっては、八潮の開発のシンボルになりえる土地です。ぜひとも開発事業者には、地域に誇れるものを作ってほしいですね。


発信日:2015年1月1日





| 開発情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



八潮コラム一覧
■環境■
八潮の買い物スポット
八潮の緑地や公園
八潮と川の今
■街並み■
近代的な八潮の様子
八潮の既存住宅街
鉄塔天国八潮
■交通■
つくばエクスプレスで快適通勤
八潮駅発着のバス路線
八潮の道路事情
■歴史■
工業都市八潮
昔の航空写真を見てみよう
地名から見る過去と未来
■特集■
新市長決定!八潮はこう変わる

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。