交通:八潮の道路事情

最近まで鉄道がなかった八潮。しかし、高速道路は早い段階で整備されました。外環自動車道で頭を抱えている東京や神奈川とは対照的です。それでは八潮の道路事情を、もう少し詳しく見てみましょう。自動車はいらないと考えている人も、八潮に来たらほしくなるかもしれませんよ。


liveyashio81.JPG
<八潮駅北口から伸びる市役所通り。>


八潮の高速道路


現在、八潮には二つの高速道路があります。八潮駅周辺を通る「首都高速道路6号三郷線」と、八潮北部を通る「東京外環自動車道」です。

6号三郷線は、埼玉県内で初めて開通した首都高速道路です。この道路のおかげで、鉄道がない時代でも都心との距離は近く感じられました。現在でも、鉄道を使うより首都高を使った方が便利な場合が多いです。たとえば、ディズニーランドのある浦安まで、渋滞がなければ30分かかりません。時と場合によって使い分けられるのが、八潮の魅力といえます。

東京外環自動車道は、八潮市内をかすめる程度でインターチェンジは設置されていません。自動車道に乗るには、近くにある草加インターチェンジを利用することになるでしょう。なお、外環自動車道には八潮ジャンクションの設置が計画されています。この八潮ジャンクションを起点に、地域高規格道路「東埼玉道路」が、春日部まで建設される予定です。八潮ジャンクションの整備と合わせて、外環八潮パーキングエリアの建設も予定されており、八潮市では流通業務機能や集客施設を併設することで、八潮北部の核となる施設にしたい考えです。既に東埼玉道路の側道部分は、一部区間で供用を開始しています。八潮市民にとっては、越谷レイクタウンへ行くときに重宝されています。


liveyashio48.jpg
<首都高速道路。共和橋付近は、下の道も一車線になる。>


一般道も便利


八潮周辺は、起伏の少ない平らな土地です。クネクネと曲がった道路もなく、運転に不慣れな人でも走りやすい街です。注意したいのは、ところどころにある渋滞ポイント。川が多い八潮では、橋の前後で込み合います。とくに、潮止橋や柳之宮橋、八条橋は、古い道路で右折レーンがなく大変です。

近年、新中川橋が開通したことで潮止橋の渋滞は緩和されています。柳之宮橋も、2016年度を目途に道路が拡張され架け替えられる計画です。八潮市は、駅周辺の開発地区以外でも、あちらこちらで道路の整備が行われています。周辺地域と行き来し易くなり、今後ますます便利になることでしょう。


liveyashio55.jpg
<区画整理が進む八潮市二丁目地区。>


八潮に住むと感じるのが、東京都内への近さ。とくに酷い渋滞はなく、また大きな河川もないので、スムーズに足立区内へ行けます。渋滞がなければ、一旦日光街道へ出てしまうのが便利です。上野あたりまでなら、30分かからずに行けます。道路も複雑ではないので、慣れてしまえば簡単です。休みの日は、都心まで車で買い物♪なんてこともできます。


liveyashio20.jpg
<東京はすぐそこ。渋滞もなくスイスイ都内へ。>


Thank You.








八潮コラム一覧
■環境■
八潮の買い物スポット
八潮の緑地や公園
八潮と川の今
■街並み■
近代的な八潮の様子
八潮の既存住宅街
鉄塔天国八潮
■交通■
つくばエクスプレスで快適通勤
八潮駅発着のバス路線
八潮の道路事情
■歴史■
工業都市八潮
昔の航空写真を見てみよう
地名から見る過去と未来
■特集■
新市長決定!八潮はこう変わる

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。